修正依頼



百日の説法屁一つ

ひゃくにちのせっぽうへひとつ


[百日の説法屁一つ]
百日も続いた説法がようやく終わろうとしたとき、坊さんが不用意にもおならをもらし、せっかくの有り難みも消し飛んでしまった、という意味。長い間努力して取り組んできたことが、最後のわずかな失敗でむだになることのたとえ。
類 「磯際で船を破る」「狐その尾を濡らす」「九仞の功を一簣に虧く」「草履履き際で仕損じる」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する