修正依頼



人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをいくがごとし


[人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し]
人生は、苦しく遠い道のりを重い荷物を背負って歩き続けるようなものだから、たゆまぬ努力と忍耐が必要である、という意味。徳川家康の遺訓として知られる言葉。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する