修正依頼



喉元過ぎれば熱さを忘れる

のどもとすぎればあつさをわすれる


[喉元過ぎれば熱さを忘れる]
熱いものも、いったん飲み込んでしまえば、のど元を過ぎるときの熱さを感じなくなるように、苦しいことも、そのことが終わってしまえばたちまち忘れてしまう、というたとえ。また、困難な時期に受けた有り難い恩も、楽になったら忘れがちだ、というたとえ。
⇒ 「暑さ忘れて陰忘れる」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する