修正依頼



鼠壁を忘る壁鼠を忘れず

ねずみかべをわするかべねずみをわすれず


[鼠壁を忘る壁鼠を忘れず]
壁をかじったネズミは、とっくにそのことを忘れているが、ネズミにかじられた壁にはキズが残り、壁はいつまでたってもそのことを忘れないでいる、という意味。被害者が、永くその被害に対する恨みを忘れられないでいる、というような場合に用いられる言葉。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する