修正依頼



呑舟の魚支流に游がず

どんしゅうのうおしりゅうにおよがず


[呑舟の魚支流に游がず]
舟を飲み込んでしまうほど大きな魚は、常に水量豊かな本流を泳いでいて、支流に姿を見せることはない、という意味から、大人物は細かなことに手を出したり、小人物と交際したりしない、というたとえ。また、高い志をもつ者は小さなことにはこだわらない、というたとえ。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する