修正依頼



遠火で手を焙ぶる

とおびでてをあぶる


[遠火で手を焙ぶる]
火から遠く離れたところで手をあぶっても大して暖かく感じることができないように、直接的な効果がないことのたとえ。また、もどかしいことのたとえ。
類 「灯明で尻を焙ぶる」「二階から目薬」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する