修正依頼



十日の菊六日の菖蒲

とうかのきくむいかのあやめ


[十日の菊六日の菖蒲]
九月九日を「重陽の節句」、五月五日を「端午の節句」といい、それぞれキクとアヤメを飾るが、それらの花を手に入れるのが遅れて翌日になれば何の意味もないことから、タイミングを失して役に立たないことのたとえ。
⇒ 「六日の菖蒲十日の菊」 類 「争い果てての棒千切り」「諍い果てての乳切り木」「喧嘩過ぎての棒千切り」「証文の出し遅れ」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する