修正依頼



天網恢々疎にして漏らさず

てんもうかいかいそにしてもらさず


[天網恢々疎にして漏らさず]
“恢々”は広くてゆったりしていること。天が張っている網の目は粗いようにみえるが、その実、どんなに小さな悪事でも決して見逃すようなことはない、ということ。悪事の報いを逃れることはできない、というたとえ。
反 「天に目なし」「人衆ければ天に勝つ」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する