修正依頼



鉄は熱いうちに打て

てつはあついうちにうて


[鉄は熱いうちに打て]
鉄を打って形を作るときは、赤く熱して軟らかいうちに打つことから、人も、若いうちに教育して鍛えるべきだ、という意味。また、時機を逸してはならない、というたとえ。
類 「思い立ったが吉日」「好機逸すべからず」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する