修正依頼



敵は本能寺にあり

てきはほんのうじにあり


[敵は本能寺にあり]
戦国時代、明智光秀が、全軍を本来の目的地ではなく本能寺へ急きょ向かわせて織田信長を襲った、という故事から、一つのことを行う目的が、表向きのものとは別のところにある、というたとえ。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する