修正依頼



敵に塩を送る

てきにしおをおくる


[敵に塩を送る]
戦国時代、上杉謙信が、敵方の武田信玄の陣が塩不足で悩んでいるのを知り、差し入れた、という故事から、正々堂々と戦うために相手の窮状を救う、という意味。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する