修正依頼



羹に懲りて膾を吹く

あつものにこりてなますをふく


[羹に懲りて膾を吹く]
熱い煮物で口をやけどしそうな経験をすると、その後は冷たい料理でさえ口に入れる前に吹いて冷まそうとすることから、一度失敗すると、その失敗に懲りて必要以上に慎重になるものだ、というたとえ。
類 「蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する