修正依頼



明日ありと思う心の仇桜

あすありとおもうこころのあだざくら


[明日ありと思う心の仇桜]
目の前の満開の桜が、明日もまだきれいに咲いているに違いないなどと楽観していると、今夜のうちに強風が吹いて散らしてしまったりするものだ、ということから、明日はどうなるか分からない、と人の世の無常をいった言葉。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する