修正依頼



ワニ・鰐

わに


[ワニ・鰐]
鰐。古くは、出雲や隠岐島の方言でサメの大型の種類である鱶(フカ)や撞木鮫(シュモクザメ)を「ワニ(和邇)」「ワニザメ」と呼んだとされる。(ただし、それが実際の爬虫類のワニを指していたとも考えられる。)爬虫類のワニを目にし、ワニに鱶や撞木鮫の方言「ワニ」を当てたとする説があるが、当てた理由は不詳。他に、「ワニ」は、「海(ワタ)主(ヌシ)」が転じた説、大きい口の様子から「割醜(ワレニクキ)」の意が転じた説、「ワン」と口を開けることに由来する説などがある。これらの説が、爬虫類のワニを指したのか、中国から伝承された四足の魚を指しているのか不詳。漢字表記「鰐(ガク)」は、日本では古くから「ワニ」と訓読みされるが、それも実際の爬虫類のワニを指したかは不明。なお、「咢(ガク)」や異体字「噩(ガク)」は、おどろかす意を表す。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する