修正依頼



ヒトリシズカ・一人静

ひとりしずか


[ヒトリシズカ・一人静]
一人静。茎の先の一本の白く美しい花糸を、源義経を偲びながら一人で舞う「静御前(しずかごぜん)」に見立てたことに由来する。吉野山に舞う静御前の姿に見立て「吉野静」ともいう。 また、花穂が2本(あるいは3本)あるものは「二人静」と呼ばれる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する