修正依頼



キリ・桐

きり


[キリ・桐]
桐。成長が早く、伐ってもすぐに芽を出すため「切る・伐る(キル)」の名詞形とする説、木目(もくめ)が美しく木工品に使われたことから、木目と同義「木理 (キリ) 」からとする説がある。漢字表記「桐」は、「同」は、成長すると幹の中心が空洞になるこや軽いことから「筒(つつ)」に通じるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する