修正依頼



キキョウ・桔梗

ききょう


[キキョウ・桔梗]
桔梗。古名「桔梗(きちこう)」。漢名の「桔梗」の音読みから、また「キキャウ」「キチカウ」と読んだことからともされる。花を蟻の巣に挿すと蟻の口から蟻酸が出て、花の色素を変え、青紫色の花が赤くからることから、蟻が火を吹いたように見える意で、古名「阿利乃比布岐(アリノヒフキ)」ともいう。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する