修正依頼



カキドオシ・垣通

かきどおし


[カキドオシ・垣通]
垣通。花が終わると、茎が地に伏して蔓状に伸び、垣根を通り越えていく程の勢いで成長することに由来する。子供の疳(かん)をとるのに用いたことから、別名「疳取草(カントリソウ)」。漢方では「連銭草」という。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する