修正依頼



カキツバタ・杜若

かきつばた


[カキツバタ・杜若]
杜若。燕子花。花汁をこすりつけて染料としたことから「掻付花(カキツケハナ)、「書付(カキツケ)」に「花(バタ)」が転訛した説がある。垣根の端に生えることから「垣つ端(カキツハタ)」とする説も。漢字表記「杜若」は、本来はヤブミヤウガ(ヤブミョウガ)という別種の漢名「とじゃく」を誤用したとされる。また漢字表記「燕子花」も誤用とされるが、形が燕の伸び立つ様に似ていることから当てた字ではないだろうか。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する