修正依頼



ダイコン・大根

だいこん


[ダイコン・大根]
大根。古代は「於朋泥(おほね)」と呼ばれ、「おおね」の読みに大きな根を食べる意で「大根」の漢字を当て、室町時代ごろから音読みで「ダイコン」と呼ばれるようになったとされる。和名で「涼白(すずししろ)」ともいい、小さい意味の「すずし」に根が白いとこから「しろ」を付けたとされる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する