修正依頼



ホタテガイ・帆立貝

ほたてがい


[ホタテガイ・帆立貝]
帆立貝。砂泥上に棲息する二枚貝。貝殻が帆かけ船の帆に似ていて、開いた殻を帆のようにして海面を走るという俗説に由来する。実際は、殻を開閉させ隙間から水を出して進む。また、貝殻が扇状であるから「扇貝」、秋田藩主佐竹家の家紋に似ているため「秋田貝」とも呼ばれる。中国名は「海扇」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する