修正依頼



イカナゴ・玉筋魚

いかなご


[イカナゴ・玉筋魚]
玉筋魚。梭子魚(カマス)と似ていて、何の子供(稚魚)であるか分からないことから「如何子(イカナコ)」・「如何魚子(イカナルナノコ)」の意からとする説、「イ」は接頭語で、古語で「糸」を「カナ」や「カンナ」と呼ぶことから、糸のように細い魚の意に由来する説がある。なお、叺(かます)に包んで売ったことから、別名「叺子(カマスゴ)」。⇒「カマス」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する