修正依頼



九仞の功を一簣に虧く

きゅうじんのこうをいっきにかく


[九仞の功を一簣に虧く]
“仞”は、中国「周」時代の長さの単位で、“一仞”は両手を広げた長さをいい、また、“簣”は土などを運ぶもっこのこと。“九仞”の高さの山を作り上げるのに、もっこ一杯分の最後の土を盛らないために山が完成しない、という意味。苦労や努力を重ねてきて最後のところで手を抜いたために失敗することのたとえ。
類 「磯際で船を破る」「狐その尾を濡らす」「草履履き際で仕損じる」「百日の説法屁一つ」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する