修正依頼



寛永の大飢饉

かんえいのだいききん


[寛永の大飢饉]
3代将軍・家光の治下、江戸時代初期の1642~1643年に起きた飢饉。江戸初期においては慶長から元和年間にもしばしば凶作から飢饉が発生しているが、そのなかでも最大の飢饉。大飢饉に至った原因として、五幾内、中国、四国の日照りに始まる全国的異常気象、江戸時代初期の武士階級の困窮が指摘され、幕府の農政転換、諸藩の藩政改革を促した。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する