修正依頼



筑紫国造(筑紫)

つくしのくにのみやつこ【国造】


[筑紫国造(筑紫)]
筑紫国造とは筑紫国(現・福岡県西部)を支配したとされ、国造本紀(先代旧事本紀)によると成務天皇(13代)の時代、阿部臣(あべのおみ)と同祖の大彦命(おおひこのみこと、大毘古命)の5世孫にあたる田道命(たみちのみこと)を国造に定めたことに始まるとされる。日本書紀の継体紀には筑紫国造磐井(いわい)の名が見え、筑紫国造磐井の乱として歴史的にも有名であるが、筑後国風土記の逸文、「古事記」に見られるとおり、実際は筑紫君磐井(つくしのきみいわい)であり、こちらが通説となっているようだ。筑紫国造の成立は6世紀後半頃とみられるが、いずれにしても磐井は5世紀後半頃には既に肥前・肥後・豊前・豊後に跨る巨大勢力圏を有していたとみられている。
磐井の乱は527年(継体天皇の21年)、磐井が新羅と手を結び朝廷軍に反乱を起こしたもので、朝鮮半島情勢・大和朝廷(日本)勢力において歴史的に一大転期となった事件である。
九州一の規模を誇る福岡県八女市の岩戸山古墳の被葬者は筑紫君磐井とされており、また近年、同市豊福の鶴見山古墳が磐井の息子・葛子(くずこ)の墓である可能性が高いとの見方が有力になっている。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する