修正依頼



科野国造 ( 信濃 )

しなののくにのみやつこ【国造】


[科野国造 ( 信濃 )]
科野国造は信濃国(現・長野県)を支配したと言われ、国造本紀(先代旧事本紀)によると崇神天皇(10代)の時代に多氏族の祖で神武天皇の子・神八井耳命(かむやいみみのみこと)の孫である建五百建命(たけいおたつのみこと、健磐龍命、建五百連命)を国造に定めたことに始まるとされる。また成務天皇(13代)に国造に任じられたという説もある。百済系渡来人の科野直(しなののあたい)が国造を世襲し、後に金刺氏・他田等に分かれたようだ。長野市・千曲市の斎場山(妻女山)は初代国造・建五百連命が袷祭した場所との伝承もあり、長野県千曲市にある埴科古墳群の中の森将軍塚古墳は、建五百建命の墳墓とも言われている。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する