修正依頼



千葉国造 ( 下総 )

ちはのくにみやつこ【国造】


[千葉国造 ( 下総 )]
千葉(知波)国造は下総国中南部にあった千葉国(現・千葉県千葉市・習志野市・船橋市東部・八千代市西部)を支配した国造と言われるが、史実に乏しく有無が判然としないが、延喜式に千葉郡の名が見られ、現在の県名に採用されたように古くから存在した地名であることは確かなようだ。上海上国・下海上国と同じく无邪志国造の祖・兄多毛比命(えたもひのみこと)と同系の武多、武多乃直を国造に定めたことに始まるとの説もある。国造は大私部(おおきさいべ)氏が世襲したと見られ、日本後紀に「千葉国造大私部直善人(おおきさいべのあたいよしひと)」の名が登場することから大化改新以前より千葉に国造が置かれていた可能性が高いという。千葉県千葉市の荒久古墳は千葉国造の墓とも見られている。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する