修正依頼



知々夫国造 ( 武蔵 )

ちちぶのくにのみやつこ【国造】


[知々夫国造 ( 武蔵 )]
知々夫(秩父)国造は武蔵国西部(秩父神社を中心とする秩父・児玉地域)を支配した国造とされ、崇神天皇(10代)の時代、大伴氏の始祖・高御産巣日命(たかみむすびのみこと)の子である八意思金命(やごころおもいかねのみこと)の十世孫・知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)を国造に定めたことに始まると言われている。1つの国として独立していた時期もあったが、大化の改新以降は无邪志(むざし)・胸刺(むざし)・知知夫(ちちぶ)が1国になり武蔵国になり、国府は現・東京都府中市にあったという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する