修正依頼



湯葉

ゆば


[湯葉]
豆乳を煮たときに上面にできる薄黄色の薄いたんぱく質の膜をすくい上げたものをいう。「豆腐皮」とも書く。中世に見える「豆腐上物(とうふのうわもの)」の「上(うは)」が変化して「うば」となり、さらに「ゆば」と変化したとする説がある。他には、黄色くて細かなしわのある干し湯葉が老婆に似ているところから「姥(うば)」と呼ばれ、それが訛って「ゆば」となり「湯葉」の字を当てたとする説がある。「ゆば」と呼ぶようになったのは、18世紀末とされる。ちなみに、ヒガンザクラなど葉が出るより先に花が開く桜を「姥桜(うばざうら)」というが、これは葉がないことを「歯無し」に掛けた語、転じて、女盛りを過ぎても、なお美しい女性のこともいう。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する