修正依頼



山を掛ける

やまかん 


[山を掛ける]
「山」は鉱山のことで、鉱脈のありそうな山を見当することから、転じて、万が一の幸運を予想して準備するをいう。「山を張る」ともいう。ちなみに、「山勘(やまかん)」は、山師の勘とする説、武田信玄の軍師であった山本勘助の名による説などがある。なお、予想していた通りに事が運ぶことを「案の定(あんのじょう)」というが、この「定」は「・・・の通り」の意の名詞で、つまり「案の通り」の意とされる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する