修正依頼



焼きが回る

やきがまわる 


[焼きが回る]
「焼き」は、刀の切れ味をよくするために行なう焼き入れのこと。熱を通す際に、火が回りすぎるとかえって切れ味が悪くなることから、転じて、年をとって能力が衰えたり、鈍くなることを意味するようになった。ゆるんだ気持ちを引き締めさせるという意味の「焼きを入れる」も、この「焼き入れ」に由来し、刀の切れ味が増すように、制裁を加えて鍛えるところから生じた言葉。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する