修正依頼



八百長

やおちょう 


[八百長]
明治初期、「八百屋の長兵衛(ちょうべい)」・通称「八百長」と呼ばれた人物が、相撲の年寄りを相手に碁を打った。実力は長兵衛の方が一枚上でながら、年寄りのご機嫌をとるために、勝ち負けを調整していたことから、あらかじめ勝敗を打ち合わせて勝負に臨むことを「八百長」と呼ぶようになり、一般に広まった。なお、「真剣勝負」は、「真剣」は本物の剣の意で、命をかけた戦いであることから、本気で行なう勝負をいう。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する