修正依頼



門前払い

もんぜんばらい


[門前払い]
江戸時代の追放刑の中で最も軽いもので、奉行所の門前から追放することを「門前払」といい、門を閉ざすところから転じて、来訪者に面会せずに帰らせるという意が生じたとされる。ちなみに、ずたずたに裂くことを「八つ裂き(やつざき)」というが、これは極刑の一つで、体を引き裂く刑を意味したもの。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する