修正依頼



めりはり

めりはり


[めりはり]
「メリカリ」の転で、邦楽用語の一つ、基本となる曲調よりも調子や抑揚を低くすることを「減り(メリ)」、高くすることを「上り・甲(カリ)」と呼んでいたことから生まれた言葉、それが演技や台詞回しなどの強弱・伸縮にも使うようになり、その後一般社会に広がった。邦楽では「乙」は低い音、「甲」は高い音を表わすことから、「減り張り」のほか「乙張り」とも書く。なお、「甲高い(かんだかい)」の「甲」もここから出ている。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する