修正依頼



胸突き八丁

むなつきはっちょう 


[胸突き八丁]
もともと富士山に登る人の間で使われていた言葉で、頂上までの最後の八丁(約872メートル)のけわしい道を意味した。そこが息もできなくなるほど苦しかったことから、転じて、物事を成し遂げる過程で、大詰めの最も苦しい局面を意味するようになった。なお、遠くから見るだけで手に届かないものを、高嶺(高い山の頂上)に咲く花にたとえた語が「高嶺の花」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する