修正依頼



微塵

みじん 


[微塵]
仏教では、物質の最小単位を「極微(ごくみ)」と呼び、この極微を中心にして、上下・四方の六方向から極微が集まってできたものを「微塵」と呼んだ。転じて、極めて細かいものの意となった。「木っ端微塵」「微塵切り」などの用例がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する