修正依頼



へなちょこ

へなちょこ 


[へなちょこ]
「埴(へな)」(黒い粘土)で造られた「猪口(ちょこ)」(酒器)のことで、見掛けは立派でも焼き目から酒が染み出して使い物にならない。これと「変な」を掛け、粗末なものを「へなちょこ」と呼んだ。それが未熟者や役に立たない者をからかう言葉になっていったという説がある。また、弱々しい様子「へなへな」の「へな」と、動作に落ち着きのないさま「ちょこちょこ」の「ちょこ」が語源とする説もある。ちなみに、「ちょこちょこ」している様子から生じた語が「おっちょこちょい」とされる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する