修正依頼



臍繰り

へそくり


[臍繰り]
「臍繰(へそく)り金」の略で、主婦などが家計をやり繰りして、内緒で貯めた金銭をいう。「へそ」は「綜麻」で、紡いだ糸を環状に幾重にも巻いたもの、「くる」は「繰る」で、たぐって物に巻き取ること。昔、女姓が内職で「綜麻を繰って」貯めた金銭の意で、のちに人間の臍(へそ)と混同して「臍」の字を当てたとされる。他には、女性が帯の下の「臍(へそ)」の辺りに金を隠したからとする説、「ひそかなる金」が転訛したとする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する