修正依頼



火の車

ひのくるま 


[火の車]
仏教で、地獄にある火の燃えさかる車をいう「火車(かしゃ)」を訓読みにした語、ここに運ばれると大変な苦しみを伴うことから、転じて、経済状態がきわめて苦しいことをいう。ちなみに、事業に失敗して破産すること「万歳」ともいうが、これは、手を挙げる形から生じたもの。また、経済的に苦しくなることを「左前(ひだりまえ)」というが、これは普通の着方と反対で、死に装束に用いる着方のことで、これが死を連想させることから生じたもの。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する