修正依頼



猫糞

ねこばば


[猫糞]
「ばば」は、幼児語で糞(くそ)のこと。猫は糞をしたあと、足で砂をかけて糞を隠すことから、転じて、悪いことを隠して素知らぬ顔をすること。また、拾得物などをこっそり自分の懐に入れることを「猫糞」というようになった。他には、江戸時代、他人のものを借りても返さなかったという「猫好きの老婆」に由来する説がある。きたないを意味する幼児語「ばばっちい」も「ばば(糞)」から出た語。また、大便をいう幼児語「うんこ」は、「うん」はいきばる声、「こ」は接尾語とされる。ちなみに、切れずに長くつながっていることから転じて、大勢の人が、一人の人物にぞろぞろとついて回るさまを「金魚の糞(ふん)」という。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する