修正依頼



二の舞

にのまい


[二の舞]
「二の舞」とは、「伎楽(ぎがく)」という仮面劇で「安摩(あま)の舞」の次にそれを真似て舞う滑稽な舞のことをいう。それが、わざと失敗して笑いを買うことから、分かっていながら前の人と同じ失敗を繰り返すことを「二の舞を踏む(演じる)」というようになった。「二の足を踏む」も、舞を舞う様子から出た語で、「二の足」は二歩目のことで、足がうまく出せずためらって、足踏みするところから生じたとされる。なお、間の抜けた失敗をするさまを「どじ」というが、これは鈍いさまをいう「ドンチ(鈍遅)」からとする説、動詞「トチル」を名詞化した「トチリ」の略転とする説などがある。「トチル」は、びっくりする、慌てる意の「トチメク(栃目く)」からか、歌舞伎などの社会で用いられたのち、一般化したとされる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する