修正依頼



二足の草鞋を履く

にそくのわらじをはく


[二足の草鞋を履く]
二足の草鞋は同時には履くことができないことから、一人の人が両立しえないような二つの職業を兼ねること、特に、江戸時代、博徒が捕吏(岡っ引き)を兼ねることをいった。現在は肯定的に良い意味で用いられている。なお、「わらじ」の原義は「藁(わら)靴(ぐつ)」。ちなみに、「岡っ引き」は、役人の「傍(ほか→おか)」にいて罪人を引っとらえるところから生じたとする説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する