修正依頼



旦那

だんな 


[旦那]
梵語の「dana(ダーナ)」の音写語で、仏教用語で施し・布施の意。仏家が中世の寺社への参詣宿泊者や「施主」「檀家」を呼ぶ語として用いられ、「お金を出してくれる人」の意味から、商家の奉公人が主人を敬っていう語、商人が得意客を、また役者や芸人がひいき筋を敬っていう語として一般に広がった。現在は一般的に妻が夫をいう呼び名、他家の夫を敬っていう呼び名の意で用いられている。一説に、梵語で「施主」「檀家」の意の「danapati」の音写「檀那波底」の略との混用から生じたともいう。なお、夫のことを「亭主(ていしゅ)」とも呼ぶが、これは「亭」には屋敷、住居の意があり、旅館や茶店の主(あるじ)をいったことから転じたもの。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する