修正依頼



啖呵を切る

たんかをきる


[啖呵を切る]
「啖呵」は、もとは「痰火」と書き、激しく咳き込んで出る痰(たん)、または痰の出る病気のこと。「痰火を治療するこ」を「痰火を切る」といい、痰火がなおると胸がすっきりするところから、転じて、するどく歯切れのいい口調を表すようになり、「啖呵」と書いて、勢いよくまくしたてることをいうようになった。他には、仏教語の「弾呵(だんか)」(小乗の教えにとどまっているものを叱ること)からとする説もある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する