修正依頼



駄目を押す

だめをおす


[駄目を押す]
「駄目」は囲碁用語から出た語、両者の境にあってどちらの所有にもならない目のことで、勝敗とは関係しないことから、無益なことの意が生じた。終局後、念のために駄目に石を並べることを「駄目を押す」という。転じて、念のために確かめること、試合での勝利を確定的なものにするという意味で用いられるようになった。なお、区別、区切りの意の「けじめ」は、囲碁用語で終局のあたりで、きまらない目を詰めよせることをいう「ケチ(結)」からとする説ほか、諸説ある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する