修正依頼



箍を外す

たがをはずす


[箍を外す]
「箍(たが)」は、竹を割って編んでできた輪で、桶(おけ)・樽(たる)のまわりにはめて締めかためるもの。それを外すと胴の板がばらばらになることから、転じて、規律や束縛から抜け出す、はめを外すことをいう。ちなみに、各人の考えや行動が統一を欠くさまを「てんでんばらばら」というが、これは「てんでん」は「手に手に」の変化した語、または「手手(てで)」が転じた語で、めいめいの意。「ばらばら」は擬音語とされる。なお、緊張がゆるんだり、年老いたりして鈍くなることを「箍が緩(ゆる)む」、ゆるんだ規律や心持ちを引き締めることを「箍を締める」という。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する