修正依頼



松明

たいまつ


[松明]
松の樹脂の多い部分を細かく割り、束ねて、火をつけて照明に用いたるもの。平安期には単に「マツ」ともいった。「タキマツ(焚松・焼松)」の転とする説、「ツキマツ(続松)」の転とする説、「タヒマツ(手火松)」の義とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する