修正依頼



反りが合わない

そりがあわない


[反りが合わない]
「そり」とは、刀の反(そり)のこと。刀身と鞘(さや)の反りが合わないと、うまく鞘におさまらないことを、人間同士にたとえ、相性が悪くて、互いにしっくりいかないことを「反が合わない」というようになった。なお、「鞘」を使っ語に「鞘当(さやあ)て」があるが、これは武士が道で行き違うときに、互いに刀の鞘に触れたが原因で喧嘩になったことから、転じて、ささいな意地を張ることが原因で起こる争いをいう。ちなみに、言い争いの意の「諍い(いさかい)」は、「イイ(言)」、「サカウ(逆らう)」の意とする説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する