修正依頼



瀬戸際

せとぎわ 


[瀬戸際]
「瀬戸」は「狭門(せと)」の意で、幅の狭い海峡のことで、その瀬戸と外海の境目を「瀬戸際」という。さしせまったところの意から、転じて、重要な分岐点の意で用いられるようになった。ちなみに、岸から遠く離れた所、田畑や野原の遠い所をいう「沖(おき)」は、「奥(おく)の方」の意から生じた語。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する