修正依頼



助平

すけべ 


[助平]
江戸時代初期の上方において、「す(好)き」が変化した「すけ」に動詞や名詞を擬人化する接尾語「兵衛」を付して、色を好む者を「好兵衛(すきべい)」と呼んだ、やがて、人名としてありふれた「助兵衛」に変化したとされる。ちなみに、美男(びなん)を「色男」というが、この「色」は「好色(こうしょく・いろごのみ)」の「色」と同じで、情事の意で、色男(または色女)は恋人の意から派生したとする説がある。なお、歌舞伎で、色事を演じるのを得意とする役者・「色事師・濡れ事師」も「色男(いろおとこ)」と呼ぶ。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する